岡山県の行方不明者!SNSトラブルと人探し、行方調査、失踪調査、家出調査:いなくなった人を見つける!

SNSの人探し!行方不明者を見つける方法。SNSで知り合った相手と突然連絡が取れなくなった!SNSの一般利用者の増加と人間関係多様化は想像を超える人との関わりが簡単になっています。子供とオトナが知り合うきっかけになったり、恋愛、結婚詐欺、援助交際、出会い系サイトと同様に利用されます。SNSトラブルから行方不明者、家出、失踪、事件や事故、連れ去り問題など。人探しは探偵アンバサダー調査事務所岡山へ。

岡山県の行方不明者

少し古い資料ですが、令和2年の警察庁生活安全局生活安全企画課の資料によると、行方不明者の届出件数は過去10年で横ばい。令和2年は86,933件だったようです。男女別では、男性が約6割です。年齢別では10代20代が多く、平成30年で10代、20代が約3万3000人。驚くほど多いと思いませんか?

一人暮らしの女性のご両親、急に連絡が途絶えた友人、行方不明者の

失踪の理由

行方不明、失踪、家出と表現は色々ありますが、居ないには理由があります。大きく分けて2種類考えられます。

まず一つ目は自分の意思で姿を隠すもの。もう一つは他者によるものです。

失踪理由①

まず、一つ目は自分の意思による失踪です。家出も長引くと失踪につながります。これは「逃げた」と捉えることもできます。自らの意思で行方を眩ます背景には、親子、家庭問題、異性とのトラブルや金銭問題、犯罪などが考えられます。

  • DV夫から逃げたかった。
  • 家族から離れたかった。
  • 親からの暴力に耐えられなくなった。
  • 結婚に反対されて家出した。
  • 友人への謝金で逃げた。
  • 暴力団とのトラブルで逃げた。
  • 宗教から脱会するため。
  • 別れ話がもつれて元彼が怖かった。
  • 詐欺に加担してしまった。
  • 会社に損失を与えてしまった。
  • 不正が発覚しそうになって逃げた。

自分の意思で逃げている方の行方調査、家出調査といった人探しは難しいことをご理解ください。

失踪理由②

2つ目は自分の意思によるものではないケースです。事件や事故、犯罪に関連することも想定できるでしょう。見つかった時に亡くなっているなどもあります。高齢者の場合は認知症など、第三者の介入がないようなケースもありますが、若い方の場合は誘き出されたり、連れ去られるなどもあります。非常に怖いですね。

SNSが絡む人探し

最近の傾向としては、SNSでつながる人間関係です。人との出会いが多様化しています。

同じ趣味で繋がったり、彼氏や彼女、浮気相手との出会いを求めた結果として出会うこともあります。また、歳の離れた男女(同性の場合も)の出会いは金銭目的のことや性犯罪絡みのものもあります。幼児、児童、小学生、中学生といった子供を性の対象にしている輩もいます。男女関係ありません。

SNSとは

SNSとはソーシャルネットワークで、インターネット上での出会いが魅力です。具体的にはTikTok(ティックトック)やInstagram(インスタグラム)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)など。新しいものがこれからも出てくるでしょう。

SNSと交際トラブル

SNSをきっかけにしたトラブルが増えています。利用者が多いのでこれからも増える傾向があるでしょう。

トラブルの中でも最も多いのが交際関係のトラブルです。

SNS誹謗中傷トラブル

SNSだけではないでしょうが、インターネット上での誹謗中傷が問題です。価値観の違いを受け入れられない、白黒つけたがる、行きすぎた正義感など、何がきっかけで被害に遭うかは想像もできないものです。

SNSの匿名性も誹謗中傷へのハードルが低くなる要因です。しかし、今後変わっているかもしれません。

  • 変なあだ名をつけられた。
  • 嫌なコメントをしてくる人がいる。
  • ブスだとけなされて悔しい。
  • 間違いをしつこく指摘されて困る。

SNS恋愛トラブル

SNSで彼氏や彼女、浮気相手や不倫相手、結婚相手を見つけるために利用している方もいる時代です。あなたの周りでもSNSがきっかけで交際がスタートしたり、知り合って結婚した友人や知人がいませんか?SNSをマッチングに利用する人の数はこれからも増えるでしょう。

  • 浮気された。
  • 性病をうつされた。
  • 独身だと思っていたら、妻子持ちだった。
  • 結婚を前提に付き合っていると思っていたら既婚者だった。
  • 妊娠したら連絡がつかなくなった。
  • 聞いていた名前が違っていた。
  • 別れ話がもつれて困っている。
  • ストーカー被害にあった。
  • ラブホテルの写真で脅された。
  • 浮気をバラすと脅迫された。
  • セックス動画を買い取れと脅された。
  • 財布の中身を盗まれた。
  • 美人局被害にあった。

SNS金銭トラブル

SNSでの人間関係は信頼できるかどうかの判断が難しいです。SNSから詐欺の被害に遭ったり、特殊詐欺へ加担してしまっているなど、あってはならないことです。

  • 結婚詐欺被害にあった。
  • 母親の入院費用を支払わされた。
  • 会社の経営に関する入金をせがまれた。
  • マンションの頭金を持ち逃げされた。
  • 投資の勧誘をされた。
  • 簡単なバイトだと思っていたら特殊詐欺の受け子。
  • お金を貸したら連絡が取れなくなった。

SNS宗教トラブル

SNSは宗教の勧誘にも利用されます。宗教という表現は使われなくても、中身が宗教だったといケースもあります。

  • 「金持ち◯さん」という本の投稿がきっかけでネットワークビジネスに誘導された。
  • 副業かと思ったら宗教だった。
  • 宗教で

SNSの闇

犯罪や公序良俗に反するような出会いの機会として利用されやすいのがSNSです。

男女交際と見せかけた結婚詐欺や、業者を通さない個人間の買春、そして性犯罪や殺人事件までもがSNSの出会いがきっかけになっています。

親や兄弟、姉妹、友人も知らない人間関係を広げることができるソーシャルネットワークの闇は、子供の誘拐、性被害、強姦、レイプ、取り返しのつかない結果につながることが懸念されています。

SNSと行方不明者

ニュースを騒がせている23歳女性監禁殺害事件は、SNSがきっかけで出会っているようです。遺体は死後1週間ほど経っていたそうです。都内在住の女性が茨城県の山中で発見された時には衣服は身につけていなかったようです。手錠をしている被害者女性の動画も見つかっています。

行方不明になってもすぐに気づかれないケースもあります。一人暮らしの方、家出癖のある子供、コロナ禍で普段から人と直接接する機会が減った生活を送る方も同様です。急に連絡が取れなくなった、いつから連絡が途絶えたか不明の場合もあるでしょう。

行方不明者は想像以上に多く、事件や事故の不安もあります。

早めに気付いて対応することが解決の鍵です。

よくある質問(FAQ)

娘が進学で一人暮らしをする予定です。何か対策はありますか?

普段からまめに連絡を取り合うようにしておきましょう。対策方法もご相談ください。

子供にSNSを利用させない方法はありますか?

アプリによっては年齢制限があります。しかし、次から次へと新しいものが出てきます。親の管理ができないようであれば子供にスマートフォンを持たさないのが一番でしょう。

Facebookで知り合った男性と交際したいと思っています。大丈夫でしょうか?

名前を登録して利用することが前提であっても偽名のこともあるでしょう。大丈夫かどうかの判断は早いと思います。

マッチングアプリで知り合った人にお金を貸してしまいました。

マッチングアプリからのお金のトラブルは早めの解決が良いでしょう。借りた途端に連絡が取れなくなることもあります。

結婚を前提に交際していましたが、もしかすると既婚者かもしれません。

既婚者が独身を装っていることもあります。騙されている可能性は否定できません。

大学生の娘と連絡が取れなくなりました。警察に相談した方が良いでしょうか?

問題があるようであれば警察に相談しましょう。対応が難しい場合は費用はかかりますが、探偵や興信所の利用をご検討ください。

婚約者が旅行代金を持って逃げました。見つけられますか?

調査を始めてみないと分かりません。状況によるでしょう。意思を持って計画的に逃げている場合もあります。

まとめ

SNSがきっかけで人を探さないといけない状況はあなたにとって不利な状況であることが多いです。

人探しは簡単ではない上、相手の名前や住所、勤め先などの情報をお持ちではなかったり、嘘情報のこともあります。人探しを検討しているのであれば、一刻も早く調査の着手が解決のポイントです。

一般的に人探しや行方調査は空白の時間をいかに埋めていくかです。時間が経つほどお持ちの情報が古いものになるのもデメリットです。

金銭の持ち逃げや妊娠トラブルで逃げている人を探す調査も同様です。

SNSトラブルのご相談、行方調査の依頼方法

まずはお電話かメールホームからご予約をお取りください。

「SNSトラブルの相談の依頼」
「行方調査依頼」など簡単にお伝えください。

相談の場合は相談料金、調査には調査料金がかかります。

メール相談は初回無料です。086-226-1099受付時間 9:00-21:00 [年中無休:緊急時除く ]

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。