盗撮!盗撮が趣味の盗撮魔!盗撮調査、盗聴調査:岡山、倉敷、津山の探偵興信所

岡山県の盗撮!盗撮調査
岡山県の盗撮!盗撮調査

岡山県内でも多い盗撮の問題。他人事ではありません。女性の下着やトイレの盗撮、子供を対象とした変質行為まで幅広くニュースで報道されるのは氷山の一角です。あなたや大切な家族が知らない間に被害に遭っている可能性も否定はできません。現役の探偵事務所スタッフが盗撮について詳しく解説します。

メール相談は初回無料です。086-226-1099受付時間 9:00-21:00 [年中無休:緊急時除く ]

お問い合わせ

盗撮とは

盗撮とは、文字の通り盗み撮りです。盗聴や盗撮は対象者に隠れてわからないように行われる悪質な行為です。盗撮にはスマートフォンが利用されることがありますが、特殊な加工がされた機器が利用されることもあります。

盗撮だとバレにくい加工された盗撮カメラ

盗撮だとバレにくいカメラは多様化しています。一例としては、

  • 時計
  • ペンなどの文房具
  • カバン
  • メガネ など

ぬいぐるみや観葉植物、本棚の隙間、カーテンレール、壁にかけられた絵画やエアコンなどに小型のカメラが隠されていることもあります。

盗撮の被害に遭いやすい場所

次に盗撮の場所です。盗撮の目的は性的な欲求の解消が多いので盗撮で気をつけたいのが場所です。

  • 階段やエスカレーター
  • トイレ
  • 更衣室

盗撮場所:第1位

階段やエスカレーター

逮捕者が多いのでご存知の方も多いでしょうが、階段やエスカレーターの下の段からの盗撮はポピュラーだと言えるでしょう。制服やスカートの女性をターゲットにしています。スマートフォンをスカートの中に差し込まれることもあります。動画で撮影された場合は音に気がつきません。

逮捕者も多いですが、氷山の一角です。バックを置いたり、背後に気を配ることを忘れないでください。

盗撮場所:第2位

トイレ

トイレも盗撮が非常に多い場所です。スーパー、映画館やショッピングモール、道の駅のなどでは個室トイレの壁に小さな穴をいくつも開いていることもあります。穴を塞いでも、また開けられるのです。誰でも入りやすいような場所では女性トイレに男性が入ることが可能です。また、コンビニのトイレも要注意です。「女性専用」と書いてあっても男性が中に入ることがあります。なかなか出てこない女性専用のトイレから男性が出てきた時は盗撮犯の可能性があります。

学校や役所などでの盗撮犯が捕まった事件もありますが、盗撮犯と被害者が顔見知りというなんとも言いようのない気持ちの悪い事件もあります。

盗撮場所:第3位

更衣室

職場の更衣室にカメラはありませんか?公衆浴場も盗撮が多い場所です。

病院、歯科医院といったクリニックや制服に着替える職業の方は更衣室に隠しカメラがないか確認しましょう。銭湯やスパ、温泉も盗撮が多い場所です。女性が女性を盗撮することもありますので安心はできません。

エステサロンや美容室なども盗撮に注意が必要な施設です。

その他の盗撮場所

この他、自宅もあります。自宅に盗撮カメラをしかけらるということを考えたことがありますか?家族や交際相手など身近な人物から受ける盗撮の被害はDVや浮気の疑惑、監視行為などカメラを取り外したから解決といった単純な問題ではありません。自宅での連れ込み浮気や交際相手とのセックスの隠し撮りをされるなど、プラバシーの侵害性が強い被害もあります。

盗撮魔が多い職業

盗撮は趣味、思考性が高いので特に決まった職業というのはありませんが、教師や警察官、公務員、弁護士などでも逮捕者が出ています。逮捕されてもニュースにならないものもあり、そもそも見つからない盗撮も多いです。

大規模な会社から工場、事務所、スーパーなどでも注意が必要です。

性的な盗撮を趣味としている人は、男女が共存する職場を好む傾向があります。もちろん、同性ばかりの職場の人もいますが少数です。

盗撮と小児性愛者

子供の盗撮においても問題があります。子供に対して性的な興奮を覚える人物がいます。

このような人物が教師や塾講師、習い事やスポーツ関係にも紛れています。女の子だけが被害に遭うわけではありません。男の子にも性の対象が及びます。盗撮の問題と性の思考は非常に密接です。性犯罪者がポルノ収集をしていることもあります。

岡山県内の盗撮事件:ニュース

倉敷:教師の盗撮事件

中学校講師が盗撮!

性的姿態撮影処罰法違反(撮影)の疑いで、倉敷市立新田中の講師(24)=同市=を逮捕。
R倉敷駅の駐輪場で、10代女性=岡山県南部=に背後から近づき、スマートフォンでスカート内を撮影した疑い。

岡山市:試着室で盗撮

岡山県岡山市で、試着室にスマホを置いて盗撮したとして店員が逮捕される事件。

その他盗撮被害、盗撮トラブル

恋愛感情は関係ない嫌がらせ、固執などによって行われる盗撮も問題です。

  • 嫌がらせ
  • 不安を仰ぐ
  • 精神疾患のでっち上げ
  • 困らせたい
  • 「見ている」ことを知らしめたい
  • 監視行為

盗撮とセクストーション被害

盗撮は通常、撮影の対象者に見つからないように撮影されます。

男女間、交際相手との間での盗撮も被害があります。
セクストーション被害です。

ホテルなどでの性行為をこっそり撮影して脅されたり、テレビ電話をスクリーンショットされて脅されるケースもあります。

特殊な性癖とセクストーション被害

マッチングアプリが流行っています。以前は、国外からセのクストーション被害に遭う男性が多くいました。最近の傾向としては、国内に実在する人物が、遠方に住む人と恋愛関係に発展することも少なくありません。

そのような中で、自慰行為などを見せあって楽しむ人もおり、その時のキャプチャ画像で脅迫されることもあります。
男女ともに気をつけたいセクストーション被害です。

まとめ

アンバサダー調査事務所では、盗聴に次いで盗撮のご相談も寄せられます。

嫌がらや宗教・人間関係のトラブルなどとともに行われるご相談もよ寄せられます。これらの問題がある場合は、自宅から離れた場所からお問い合わせいただくことをお勧めします。

メール相談は初回無料です。086-226-1099受付時間 9:00-21:00 [年中無休:緊急時除く ]

お問い合わせ