知っておきたい探偵調査の費用を抑えるコツ!

ようある問い合わせに「費用を抑えたい」「安く浮気調査を依頼したい」
探偵調査にかかる費用は、表に出ないものです。
理由は、調査をしていることを依頼者が公にしないからです。

探偵業者以外が口外することもありません。
ネットで検索しても自分の調査にどれだけ費用がかかるのか分からないでしょうし、
依頼されていない探偵社には見当もつかないのです。

結果として、依頼人によって調査にかける費用に大きな差があり、
依頼人が求める調査内容や証拠の質、難易度によってかかる費用が変わってくるということです。

絶対に知っておきたい探偵調査の依頼のポイント

調査費用を抑えるコツ!

依頼する前から、
「分割払いは可能ですか?」
「クレジットは利用できますか?」
問い合わせの段階でこのような質問をされる方は、探偵や興信所を利用しない方が良いでしょう。
依頼を検討する前に、お金を用意することを考えるのが先です。

「お金が無ければ依頼できないのか!」
と、お怒りの声もあるでしょう。

残念ながら、探偵や興信所の利用はすべての方が依頼するところではありません。
費用をかけてでもなんとかしたい方が依頼するところが探偵社や興信所です。

無料相談で見込み客を事務所に来させる探偵社もありますが、
当然費用の話はでるので、
現金が無ければ手数料や金利のかかる分割払いやクレジットを利用することになるでしょう。
探偵社からの借金は、絶対にしてはいけません。

結果、依頼人が支払う金額は手数料や金利の分高くなるのです。

費用をかけられない方は、多いと思います。
主婦の方などでもある程度の予算をご用意していただいたうえで調査依頼をされています。
収入が多い方だけが、探偵や興信所を利用しているわけではありません。

お金をかけて依頼する方が、探偵社や興信所のお客様です。
もちろん、分割やクレジットを提案する業者もありますが、
アンバサダー調査事務所ではおすすめしておりません。
支払いが滞る可能性や、金銭トラブルの二次被害なども考慮し、先を見越した調査依頼が賢明ではないでしょうか?

こういった姿勢が、調査や調査の質、証拠取りなどいたるところで現れるのが探偵業界です。
少しでも知っていただいたうえで、探偵社を選んでほしいと思います。

調査料金をできる限り抑えて調査依頼する方法

  • 現金を手元に用意しておく。
  • 資料など、説明に使えるものは用意する。
  • 調査依頼する業者以外に口外しない。

この3点は、調査費用を抑えるコツです。
クレジットや金利のかかるところから費用の捻出は一番の無駄。
金利や手数料をクレジット会社に払うぐらいなら、自分に使いましょう。

資料やメモは、説明しやすいようにまとめておきましょう。伝えることは大変重要です。

調査について口外しないのは鉄則です。依頼する調査会社以外に話す必要はないでしょう。
また、友人知人に話すのは禁忌です。
人のうわさがあなた自身の首を絞める結果になったり、
対象者に伝わることで警戒され調査費用がかかることになります。
結果としてあなたが支払う費用が多くなるのです。

アンバサダー調査事務所へのお問い合わせ

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お住まい (必須)

性別 (必須)
性別男性女性

年代 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールアドレスがお間違いですとお返事が届きません。
 設定によっても届かない場合がございます。お問い合わせから3日経っても返信が無い場合はお電話でお問い合わせください。

ご紹介者または検索用語 (必須)

題名

メッセージ本文

メールでのお問い合わせにはタイムラグが生じます。
お急ぎの方は必ずお電話でお問い合わせください。

岡山市/倉敷市/津山市/備前市/総社市/玉野市/岡山県全域

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ