自殺の真相を解明する方法

「自殺」するような原因が見つからないのに、「自殺」で片付けられたら・・
巷には、自殺とは思えないような人の死に残された家族が苦しんでします。
「結婚前で生き生きしていたのに・・・」
「昇進したところで、これからの未来が楽しみだったのに・・」
「美容室に行ったばかりで、自殺?」
腑に落ちない「死」に疑問を感じていませんか?
本当の死因を追及してみたいとは思いませんか?

死因調査のお問い合わせ

岡山の探偵 興信所 調査料金最安値

自殺未遂経者の最近の調査結果

日本財団は7日、全国約4万人を対象に実施した自殺意識調査の結果が出たようです
最近1年以内に自殺未遂を経験したことがある人が推計53万人また、
20歳以上の4人に1人が「本気で自殺したいと考えたことがある」と回答しているようです。
自殺率が先進7カ国で最も高い日本の現状です。

この調査は今年8月2~9日にインターネットで実施したものです。
約4万人の回答がえられ、2015年国勢調査(速報値)の年代、性別、都道府県別の人口比に合わせた結果もでいています。

「1年以内に自殺未遂を経験した」人は0.6%で、全国では53万人(男性26万人、女性27万人)と推計されました。
この半数以上が20~30代だったようです。
自殺未遂の理由は、健康問題や家庭問題、経済生活問題が多くみられたようです。

アンバサダー調査事務所へのお問い合わせ

本当の解決は相談ではない!病院でもない

事実を知って解決に向けて取り組まない限り「自殺」への願望は説かれないでしょう。
生きることと自殺を常に天秤にかけて生きるのは大変酷なことです。
原因の追究、そして解決策を見出すことこそ「自殺」から逃れられる有効な方法ではないでしょうか?

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

アンバサダー調査事務所へのお問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ