不動産賃貸悪質トラブル【岡山県】

岡山県内の不動産トラブルをご紹介いたします。岡山県内では残念ながら不動産トラブルは多いのが現状です。県外から来られた方だけではなく、岡山県内でのお引越しの際にも岡山県の出身でもトラブルがつきません。悪徳不動産業者があふれており、素人では注意をしていてもトラブルになっています。

岡山県内の不動産賃貸に関する悪質トラブル

特に女性が不動産賃貸に関して嫌な経験をしているようです。

  • 不利な契約をさせられる。
  • 都合がいいように説明する。
  • 素人だとなめられる。
  • 強い口調で話される。
  • 「当たり前」のように不利な契約を押し付けられる。
  • 高圧的な態度を取られる。

トラブルに気付く前から不利な条件での契約をさせられていることもあります。不動産業では「宅建士」「宅地建物取引士」が需要事項を説明する義務が課せられています。

日本国内では宅地、建物は重要な財産として扱われていますが、昔からトラブルやもめ事、金銭の問題など悪質な問題が起こっており、それを防ぐことを目液としていますが、今現在も悪質な業者は存在し、被害者は多数出ています。

特に賃貸の場合は金額も比較的低額なトラブルなので、被害者が泣き寝入りしがちです。実際に報告されているトラブル事例はごく少数で、現実に起こったトラブルの件数は把握できていません。

詐欺のようなトラブルもありますが、少額なので払ってしまえば良いと考える被害者の心理を上手く利用しています。

悪質な不動産業者とのトラブルを回避する方法

もちろん、健全な営業活動をしてる業者もあります。その一方で、人の好さそうな顔をしながら悪質な手口に手を染めている不動産業者がいるのも事実です。

県外から岡山県にお越しの方の場合、岡山県の情報をほとんどお持ちではない方もいると思います。アンバサダー調査事務所が少しでもお手伝いできればと思います。不動産業者以外でも考えられることですが、特に不動産業では説明義務がある内容があります。その部分は資格を持ったものにより説明を行うのですが、それ以外の部分はグレーです。小さい文字で記載されていたり、わざと軽く読み流す程度で記憶が残らないようにされていることもあります。

賃貸の場合、入居時の契約書と更新時の契約書が同じとは限らないこともあります。また、それをあえて説明しない非常に悪質な業者もいます。保証会社を巻き込んだ嫌がらせを行う業者もいました。

積極的にコミニュケーションを取らない業者は避けた方が良いでしょう。とはいっても、住みたい物件の専任業者の場合もありますね。岡山県内の物件はどんどん変化しているので、できれば違う物件を探すことをおすすめします。

不動産トラブルは大変厄介です。

何度も繰り返しますが、賃貸のトラブルは少額のトラブルが多く、トラブル解決のためにかける費用と割に合わないので弁護士が受けなかったり、弁護士を雇っても業者側の弁護士と話をつけられてしまう可能性もあります。
探偵相談にも費用がかかるので泣き寝入りするケースが多いです。このように被害者から奪い取ることに成功した業者がまた同じ手口でハメようとします。

また、泣き寝入りする結果となった理由に
体調の悪化や精神的な不安定、うつなどの症状が出た方もいます。

被害者が泣き寝入りせず、
正しいことを通し、
不正には制裁を与えることを考えてほしいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ