性被害を誰にも知られず解決したいときは

性的搾取!性に関するトラブルを誰にも知られず相談したいときは、アンバサダー調査事務所へ。被害にあったその時から、心の中に大きな闇を抱える性被害。自分が悪かったのかもしれない。責められるかもしれない。そんなところへいかなければ良かった。自責を抱えている方も少なくありません。警察に相談できない事情もあります。アンバサダー調査事務所は秘密厳守で相談できます。一人で悩まずお問合せください。

性被害相談(有料相談)

性被害、性的な虐待は心身ともに被害者を苦しめます。相談すること自体にもリスクがあり、誰にもで話せる内容ではありません。交際相手や配偶者がいる場合は知られたくないでしょうし、警察相談を勧められてもなかなかハードルが高いのも事実です。

悲しい出来事を思いすのは辛いでしょう。しかし、事実を克服でないままでは先に進めないからこそ悩み苦しみます。

性被害相談の注意点

性被害相談は有料でおこなっております。相談依頼をいただくことで守秘義務が成り立ち相談者様を守ることができます。

相談相手から脅迫や強要されることもあります。ご注意ください。

女性の性被害相談

女性の性被害では、妊娠の問題もあります。
性行為では隠部の裂傷や性感染症、それだけではない妊娠の問題も女性にはついてきます。

早めのご相談をお勧めします。

男性の性被害相談

男性の性被害は相談のハードルが高いと感じられるかもしれませんが、性被害には変わりません。
偏見を気にせず相談できる場所は女性よりも少ないです。
話しても信じてもらえなかったり、冗談だと受け取られて話を真剣に聞いてもらえない被害者の方もいます。

ジェンダーレス性被害相談

性被害に性別は関係ありません。

体や心への加害は決して許されるものではありません。

未成年の性被害

水面下でもみ消されやすいのが未成年の性被害です。性についての知識や認識が浅い未成年が食い物にされています。

親にも話せず苦しんでいる子供たち。周囲の大人が気づいてあげられるかどうかが重要です。
中には親による性加害もあります。母親の交際相手や血縁関係の無い親族からの性被害、学校の先生や塾講師、習い事先で被害にあっていることもあります。

スマートフォンを利用する年齢であれば、パパ活・援助交際などでの性被害も起こっています。女の子だけではなく男の子をお持ちの方もご注意ください。

 性被害を公にすると周囲にバレル!被害拡散の恐怖

性被害の被害者の中には、性被害と同時に脅迫を受けているケースもあります。動画や写真を撮影されていることもあります。
脅迫してきた場合は、当事者だけではなく反社会的な勢力などとの関係性が疑われるようなケースもあります。

性被害相談は、誰にも知られることがないアンバサダー調査事務所へご相談ください。ご家族からのご依頼も寄せられています。

メール相談は初回無料です。086-226-1099受付時間 9:00-21:00 [年中無休:緊急時除く ]

お問い合わせ