経営者のお悩み相談 占いでは得られないこと

職場のトラブル パワハラ パワーハラスメント

職場での上下関係の難しさは、セクハラだけではありません。
セクハラ以上に多くの人を悩ませているのがパワハラことパワーハラスメントです。
上司や部下という関係以外でもパワハラにまつわる問題は多く、パワハラを受けている人にとっては身に余る問題です。
職場環境は、会社の生産性を下げることは言うまでもないでしょうが、
職場に対する不満や落ちベーションの低下は、長期的にみると会社の成長に大きく足を引っ張る厄介な問題です。
会社の経営から見る必要な存在とそれ以外

 問題社員との対応方法

会社の存続と成長は経営者のみならず、従業員やその家族の未来にも係る重要点。
必要な人材ばかりがいるとは限らない職場の中でのもめごとは、時に経営者の選択が迫られることもあります。
公言できないような価値判断が働くことは、理解できます。
モデル出身の俳優Hが、昨年末で所属事務所から契約解除されていたことがわかりました。
これまでHのマネジャーは何人も事務所を辞めていたが、Hのパワハラにたまりかねた事務所の幹部が声をかけ、
「契約を切るぞ」という旨の注意したようです。
Hは反論し、弁護士を連れて事務所を訪れ、事務所サイドに謝罪を要求したようです。
これらのことが耳に入った事務所の社長は決断を下しています。

厄介な社員をどうするか?困った時は探偵相談

暴力的、トラブルを起こす、横領背任行為を犯す社員はそれを理由に対応が取れます。
しかし、厄介なのはその領域の手前でいざこざを起こすトラブルメーカー。
これには周囲が降りまされるものです。
簡単に辞職させる方法が見当たらないこともあり、周囲の不平不満が募るばかり。
また、この状況が人事担当やオーナーなどの耳に入るころには既に貴重な人材から去っているというケースもあります。
職場環境を整えることは誰でもが実践できることとはいえません。
組織の中でも力のある者が改革するのは、決して悪いことでは無いでしょう。
難しい判断を迫られた時は、占い師ではなくアンバサダー調査事務所へご相談ください。
会社の脅迫相談も寄せられています。
岡山で安心の探偵興信所依頼は信頼と実績のアンバサダー調査事務所

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ