後悔しない子供の親権問題と子供の連れ去り問題

岡山県 子供の連れ去り問題相談 岡山の探偵

浮気や不倫などの理由は別として、離婚時に問題になるのが子供の親権です。
親権を勝ち取れないと感じた親が子供を連れ去るケースもあります。
実質的な支配は、侮れない問題です。
子供の連れ去り問題は、岡山の探偵アンバサダー調査事務所へご相談ください。
探偵依頼でトラブルスッキリ!意外な探偵活用方法

子供への面会拒否 元妻の再婚相手にも賠償

珍しい問題が世間を騒がせました。
熊本県内の40代男性が離婚後に別居した長男(12)と会えないのは、
元妻とその再婚相手が拒んでいるためとして裁判で争ったようです。
慰謝料300万円の損害賠償を求めた訴訟の結果は、
事前の調停で義務づけられた面会の日程調整に関する連絡義務を怠ったとし再婚相手に元妻と連帯して30万円を支払うよう命じられました。
離婚後に別居した子供との面会交流拒否を巡り、
元配偶者の再婚相手の賠償責任を認めるのは異例ということです。
判決によると、男性と元妻は2006年2月の離婚調停で、親権がない男性と長男の月2回程度の面会交流に合意し離婚。
はじめの頃は面会できたものの、元妻の再婚後に男性に対し長男と会わないよう求める連絡があったようです。
男性は長男と面会できるよう熊本家裁に調停を申し立てを行っていました。
再婚相手を連絡調整役として面会交流することで合意したものの、
元妻や再婚相手から連絡が滞り、日程を調整できないまま約3年5カ月間面会できなかったようです。
元妻は、自身の体調不良や再婚相手と長男との父子関係の確立のために面会できなかったと主張していたようです。
長男が7歳から10歳に成長する大切な時期に交流できなかった原告の精神的苦痛は相当大きい」と指摘されています。
探偵依頼でトラブルに遭わない方法
訴訟を起こしても結果として会いたい時期に子供に遭えなかった親の気持ちは図りしないものがあります。
時間を逆戻りさせることは不可能です。
今できることを、
今しか出来ない事をしておく必要があるのではないでしょうか?
アンバサダー調査事務所へ寄せられる子供の連れ去り問題では、親だけではなく祖父母が加担していることもあります。
甘く見てはいけない、後悔しないためにも何ができるか、アンバサダー調査事務所へご相談ください。
※無料相談はしておりません。
 岡山で安心の探偵興信所依頼は信頼と実績のアンバサダー調査事務所

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ