岡山県の危険な盗撮場所!監視対策

盗撮を許してはいけない!

盗撮の被害は、本人が気付かないことがほとんどです。
盗撮マニアや利害関係者、好意をもったストーカーなどから行われる隠し撮りの中には大変プライバシーに関する画像や映像を撮影されることがあります。
実際に多いのは、部屋の中だけではなくトイレや更衣室といった下着姿や裸を狙われることもあります。撮影された画像をネタにセクストーションも増えています。
職場での盗撮問題が公になった事件もありました。事件化することでメリットもありますが、大きなデメリットも考える必要がるでしょう。
被害者にとっては、第三者に見られる二次被害も問題です。
人間ですから、アダルト要素のある画像には興味をそそられる者も多いのです。
アンバサダー調査事務所へご相談ください。

 

岡山の探偵 興信所 調査料金最安値

トイレ盗撮!隠し撮り画像の問題を相談するなら 岡山の探偵 興信所

公共の場所での盗撮は、数知れず行われています。

電車内での隠し撮りは「盗撮」ですが、現場が駅のトイレだと立件できないという状態が他府県で起こっています。
盗撮は刑法に規定がなく、全都道府県にある迷惑防止条例で禁止されています。

スマートフォンでの盗撮の検挙件数は年々増加しています。その一方で、現行の規制では書類送検にとどまったり、立件できなかったりするケースもあります。
容疑者の男が女子トイレにビデオカメラを仕掛け、隠し撮りをしていた事件では迷惑防止条例違反を適用できず、軽犯罪法違反(のぞき)容疑で書類送検したケースもあるようです。

探偵依頼でトラブルスッキリ!意外な探偵活用方法

盗撮は、各都道府県が迷惑防止条例で「卑わいな行為」などとして禁止されています。
1年以下の懲役や100万円以下の罰金などの罰則があります。
原則は道路や公園、電車など、不特定多数の人が出入りする場所に限られており、公共の場所にあってもトイレや更衣室は含まれてはいないようです。

対象外の場所での隠し撮りは、科料1万円未満などの罰則しかない軽犯罪法違反などしか適用できず、不起訴になることも。
男性社会を物語っているようにも感じます。

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

 

盗聴調査や盗撮調査は岡山の探偵アンバサダー調査事務所へご相談

公共の場での盗撮調査は、かなりの費用がかかります。
出かけるたびに調査を行うのは現実的ではないと思います。
しかし、生活の基盤となるご自宅での調査は可能です。
人の出入りが多いお宅や、事務所を兼ねているご自宅の場合は、定期的に調査を行う方も増えています。
それほど盗聴や盗撮の問題は日常化しており身近な被害になっているのです。

安心は、不安を取り除くことから始まります。
気になる方は、アンバサダー調査事務所へご依頼ください。

 

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ