盗聴盗撮から身を守る方法 岡山 倉敷 津山

自宅や職場でで盗撮被害!盗撮被害に遭わない方法

自宅や職場など、一日に過ごす時間が長い場所で盗聴や盗撮被害に遭っていませんか?
隠しカメラや遠隔操作の盗聴器などが発見されるケースがあり、調べる必要があります。
プライバシーを守ることは、心の安定にもつながります。
盗聴や盗撮の不安は今すぐ解消しましょう。
探偵や興信所の調査料金を抑える方法

公務員の盗撮事件 盗撮で停職1年の懲戒処分

総務省は、女性のスカート内を盗撮して罰金の略式命令を受け公務員の信用を失墜させたとして職員を処分しました。
処分を受けたのは課長級の48歳の男性職員です。
停職1年の懲戒処分にしたと発表しています。
この男性職員は、JR総武線の車内で女性のスカートの中をスマートフォンで撮影したとされています。
警視庁が東京都迷惑防止条例違反の疑いで書類送検していました。
罰金50万円の略式命令を出しています。
昨年12月9日から自宅待機中で、停職1年は国家公務員法が定める懲戒処分の停職期間としてもっとも長い者になりました。
探偵依頼でトラブルスッキリ!意外な探偵活用方法

盗撮犯を突き止める方法

盗撮や盗聴の犯人が意外な人物であることもあります。
職場の同僚や友人、ご近所、家族の可能性もあります。
疑いを晴らすには、証拠をつかむことが必要です。
安易に犯人扱いしてはいけません。間違った判断で自分自身が悪者になることもあるので注意が必要です。
岡山で安心の探偵興信所依頼は信頼と実績のアンバサダー調査事務所

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ