岡山の探偵 Facebookトラブル SNS

若い世代だけではないSNSのトラブル。大人社会においても様々な問題が起こっています。
いじめや嫌がらせ、誹謗中傷などが多く、中には自殺を考えるほど深刻な状態でご相談に来られる方もいるほどです。
アンバサダー調査事務所では、嫌がらせ対策もご好評です。真剣に解決したい方は、ご依頼ください。

岡山の探偵 興信所 調査料金最安値

フェイスブックで誹謗中傷 FB 名誉毀損

産経新聞の編集委員がフェイスブックに投稿した内容で名誉を傷つけられたなどという問題がありました。
参議院議員が1100万円の損害賠償などを求めていた訴訟です。
東京地裁は、「投稿内容が真実とは認められない」として削除と110万円の支払いを命じたようです。

この問題となったのは、昨年政治部編集委員が自身のFBに、
「ある議員から聞いた話」として書いた投稿でした。
「国会の指差しクイズ王」と呼ばれる人物が官僚時代に1週間の無断欠勤をしていたなどとする内容だったようです。

匿名による投稿でしたが、判決は投稿の内容から「原告であると理解される」と判断がなされました。
「国会議員である原告の社会的評価を低下させる内容だ」とし、会食した議員から「元秘書官から聞いた話」として聞いた「また聞き」の情報だったようです。
裏付けとなる資料もないことなどから、「真実と認めるに足りる証拠はない」とされました。

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

岡山 ご近所トラブルの解決方法 探偵

誹謗中傷やご近所トラブルはアンバサダー調査事務所にご相談ください。
ヒアリングからご依頼いただくことをお勧めします。
主張だけを行っても通らないことが多い嫌がらせ被害や誹謗中傷は、論理立てて考えることが必要です。
よく話を聞いてみると被害は無く、主張を通してしまうことで逆に名誉棄損に当たる案件もあります。
警察相談も無駄にケースもあります。
アンバサダー調査事務所では、完全予約制でプライバシーは守られます。
安心してご相談をご依頼ください。

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ