徘徊!家族の行方調査につて

社会問題にもなっている認知症ですが、徘徊癖が重なると家族は大変な思いと共に労力も強いられることになります。
深夜徘徊だけではなく、昼間の徘徊も問題です。バスや電車などを利用して遠くまで足を延ばす可能性も高いのです。行方調査は早期着手が成功のカギとも言われていますが、費用の面でも早い方が経済的でしょう。
行方調査はアンバサダー調査事務所 岡山へご依頼ください。

行方調査 探偵調査 興信所 アンバサダー調査事務所

不明女性 高1が保護 バス利用の高齢者

福岡県立稲築志耕館高校(嘉麻市岩崎)1年の男子学生が感謝状を授与されるようです。
行方不明になっていた高齢女性を保護したというのです。
男子学生は、帰宅途中のバスの中で運転手と女性の会話、
「(嘉麻市の)稲築まで行きますか?」と聞き、運転手が行き先が違うと告げたことから、
女性が行き先が違うバスに乗ったことを知りました。
一緒に下車し、母親の車で嘉麻市の自宅まで送り届けたようです。
女性は田川市で行方不明になり、捜索願が出されていました。

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

 

男子学生は「1人では降ろせない」と思い、一緒に下車したそうです。
母親と車をゆっくり走らせながら、自宅の場所を思い出してもらい、車を降りて探そうとしたところ、女性の自宅を訪ねて来た市職員に偶然会ったといいます。
ちょうど自宅の前で、その時女性が行方不明になっていたことを知ったのだそうです。
この時午後9時を回っていました。

高齢女性は同日午後3時ごろ、息子と出かけた田川市美術館で行方が分からなくなり、捜索願が出ていたそうです。

岡山 家出調査 家出人探し 探偵 興信所 アンバサダー調査事務所

行方調査 家出調査のポイント

高齢者の場合は事故の危険が高くなり、子どもなど若い人の場合は事故に加えて犯罪の危険もあります。
本気で人を探す場合は探偵や興信所の利用がお勧めです。
事件性が無いケースでの警察の相談は時間を無駄にする可能性があります。

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ