心霊現象の解明 不可思議トラブルをクリアにする

岡山県内においても心霊スポットは興味をそそる人たちの間において人気を集めているようです。
廃墟化した宿泊施設や事件後の集合住宅などの不気味な場所。
心霊調査の依頼はアンバサダー調査事務所まで。

幽霊とラブル 家族の不安を解消 探偵依頼 岡山県

“幽霊ビル”のトラブル

5年近く入居店舗がなくいわゆる幽霊ビル化していた小田急線伊勢原駅北口にあるビルの解体工事が始まったようです。

この幽霊ビルは2012年9月からテナントが撤退していました。
昨年、所有権を巡る訴訟で判決が確定し、市が現在土地を所有する都内の法人から取得することが決まったとのこと。

都市計画道路の予定地として、約2億5千万円で市が取得したようですが、
所有権を巡って殺人事件が起きたとみられるいわく付きの建物でした。
取り壊されたあとは、駅周辺の再開発事業進展へとつながりそうです。

この心霊ビルはビルは1974年に鉄筋コンクリート8階建てで完成したようです。
ビル前の市道の拡幅を含む再開発事業が都市計画決定されたことで、市がビル買収を計画していたようですがこの買収話に絡み、1996年当時土地を所有していた組合の代表者だった男性が失踪という奇妙な問題が起こっていました。

警視庁と県警の合同捜査本部は今月4日、殺人の疑いで指定暴力団元会長の男を再逮捕したのです。
逮捕された男は幽霊ビルの買収を巡ってトラブルとなっていた男性の殺害を告白し、昨年4月に市内の山中から遺体が見付かっていました。

心霊調査 霊媒師トラブル

不可思議なトラブルや心霊調査はアンバサダー調査事務所へご依頼ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ