岡山の探偵 死因の原因を追究する!

「死んだ理由は何なのか?」
「もしかして、誰かに殺されてしまったのではないか?」
「自殺した理由に納得できない」
疑問があるならば調べましょう!
真相は誰かに隠されている可能性もあります。トラブルの中で葬られてしまうことも。死んだ理由や命を落とすきっかけになったことを知りたくないですか?岡山の探偵調査はアンバサダー調査事務所をご利用ください。

 

岡山の探偵 興信所 調査料金最安値

死因と死亡拝啓 利害関係者との問題 岡山の興信所

実際にあった不審なニュース

乗用車を運転中に事故を起こし、同乗していた夫を死亡させたとして妻が逮捕されていました。
自動車運転過失致死罪に問われていた女性の控訴審判決が高松高裁でありました。
裁判長は禁錮1年、執行猶予2年とした1審・松山地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡しています。

この事件の判決などによると、女性は2012年5月、愛媛県四国中央市で乗用車を運転中にブロック塀に衝突しました。
同乗して助手席にいた夫が胸などを打って死亡しています。
1審では、下り坂でブレーキをかけ続けることでブレーキオイルが過熱して利きが悪くなる「ベーパーロック現象」が起きた可能性を認める一方、「サイドブレーキをかけるなど車を停止させる注意義務があったのに果たさなかった」と女性の過失を認定しました。

控訴審判決では、「サイドブレーキで必ずしも事故を防げたとはいえず、注意義務違反を立証できていない」としています。

女性は「事故で夫を亡くして、つらい思いで法廷に立ってきた。(過失はなかったという)自分の主張を曲げずに闘ってきてよかった」と話しています。

 

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

 

人の死には利害関係が生じることがある 岡山の探偵 興信所

「死」を悲しんでいる時間を与えられない状況に置かれる家族の悲痛はいたたまれないものです。
葬儀や保険、親族との遺産の話、債権者からの請求などに加えて
死の真相に疑問がある場合は、思考が停止しそうになることもあります。
利害関係者に流されることなく知るべきことは知る必要があります。
見過ごして闇に葬るのか、真相を調べるかは当事者であるあなた次第です。

 

 

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ