アパート経営者が陥りやすいトラブル 探偵相談

家賃トラブル 家賃保証契約トラブル 岡山

こんな場所にコーポやアパートを建てて人が入るのか?疑問を感じるような場所に建設された賃貸物件。
岡山県内でも数多く見かけますね。業者の言いなりに契約し、建設をしたものの思うように借り手が見つからないことから経営難に陥るケースが問題になっています。
アパート経営者と業者間での金銭トラブルは、岡山県内でも起こっています。
探偵依頼でトラブルスッキリ!意外な探偵活用方法

サブリース契約トラブルと金銭問題

 

家賃減収で大家が提訴へ 「10年不変」の契約マジック

 

家賃収入は10年間変わらないというおいしい契約でアパートを建てている方はお気を付けください。
6年後に減額されたとして、80歳の男性がサブリース大手を相手に訴訟を起こすようです。
この男性は2階建てアパート(20戸)を建てていたようです。
2005年1月に月額77万7800円のサブリース契約を結んでいました。
「30年間、賃料は減額しない」と説明を受けてたようですが、契約書では「賃料は当初10年間は不変」と明記されたようです。
また経営難を理由に2011年に約10万円の減額を求められ、男性はやむなく受け入れていました。
その後も業績の回復後も家賃は戻らないことから、男性は家賃の増額と、交渉を始めたたようです。
同じようなケースで、「倒産する」と言われ減額を受け入れた人は多いようです。
これを受けて国土交通省は、昨年契約時に「将来的に家賃が減る恐れがある」との説明を業者に義務づけました。
岡山で盗聴器発見調査は業界最安値
契約トラブルの罠と注意するべきこと
将来にわたりうまみのある契約には慎重に対応することが求められます。
サブリースのトラブルだけではなく、投資に関する問題も同様でしょう。
現実的な思考が求められるのではないでしょうか。
アパート経営は、子供や孫に負担がかかる可能性も大きい問題です。
負の遺産にならないように解決しておきましょう。
大手だけではなく、地元の企業でもサブリースの契約内容改定の問題は起こっており、
これからも増える可能性もあるでしょう。
また、サブリース期間終了後のことも考える必要があります。
 岡山で安心の探偵興信所依頼は信頼と実績のアンバサダー調査事務所

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ