死因が気になる!納得できない死亡理由

人が死んだとき、「どうして死んだのか?」「死んだ理由はなんなのか?」「昨日まで明るかったのに自殺なんてありえない」「もしかして他殺?」など様々な疑問が脳裏を過ります。それがあなたの知っている人や親しい人物、恋人、家族と関係が深くなるほど死因の不信さやモヤモヤした疑問が浮かび上がってくることでしょう。
何らかのトラブルで亡くなった場合、真相は闇に葬られることがあります。
大切な人の無念を晴らすことにつながる可能性もあります。

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

 

男女トラブルと不審死 隠された真相を暴く

これは2011年に起こった事件です。
松山市のマンションで当時21歳の女性が亡くなりました。
女性は、体内に液体を入れられたことによる急性薬物中毒などにより死亡したと見られています。
傷害致死容疑で逮捕されたのは、住所不定の無職の男でした。
年齢は53歳と、被害者とは年齢差がかなりあります。

 

岡山の探偵調査 興信所はアンバサダー調査事務所

男が女を殺すわけ 殺意を抱く理由

容疑者の男は松山市のマンションで、住人の被害者女性の体内に液体を注入するなどし、意識消失や嘔吐(おうと)などの症状を発症させ、急性薬物中毒か誤嚥性窒息により死亡させた疑いがもたれています。

警察によると、職場に来ないことを不審に思った女性の勤務先の男性店長が、女性のマンションを訪問しました。
その時、部屋の中で倒れている女性を発見したようです。
ドアにカギは掛かっていなかったようです。
当時、事件性も視野に捜査したが、女性は病死の可能性が高いと判断していたそうです。

 

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

本気で死因を知りたい人が取るべき行動とは

真相は、隠されていることが多々あります。
いじめ自殺や過労死なども死因が闇に葬られることがよくあります。

死因を隠している人や組織などに調査を依頼しても真実が分かるはずがありません。
アンバサダー調査事務所をご利用ください。

 

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ