屈辱の性被害

水面下で解決したい性被害の相談

誰にも相談したくない、話すことさえ苦痛が伴う性被害。
しかし、泣き寝入りで良いのでしょうか?
あなたや大切な家族が屈辱的な目に遭った時、何とかしたいと思うのが当然でしょう。
警察に被害届けを出しますか?それとも水面下で解決したいでしょうか。
選択するのはあなた次第です。

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

性犯罪厳罰化、刑法改正へ=男性被害

性犯罪の厳罰化を検討してきた法制審議会は、強姦(ごうかん)罪の法定刑引き上げや非親告罪化などの刑法改正要綱案をまとめたようです。

法務省はこの秋の審議会総会を経て、来年の次期通常国会に刑法改正案の提出を目指しています。

内容は、強姦罪の法定刑の下限を懲役3年から5年に、
強姦致死傷罪も下限を懲役5年から6年に引き上げるというものです。
また、強姦や強制わいせつなどを被害者の告訴がなくても起訴できる「非親告罪」としています。

現行法は、強姦罪の被害者を女性だけとしていますが、新しい法案では男性も被害者として扱われるようです。
対象行為についても、通常の「性交」に限定していたものを、性交に類する行為も含む性交等としています。

また、親が監護者としての影響力を行使し、子に性犯罪に及んだ場合などの規定も設けられる予定です。
児童福祉法などで軽い罪で済んでいたが厳罰化することが目的です。
ほかにも、強盗と強姦を同じ場所で行った場合にはどちらが先行したかで法定刑が異なっていたましたが、
どちらが先でも「無期または7年以上の懲役」に統一したようです。

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ