所在調査/岡山県

岡山で所在調査依頼するなら岡山の探偵アンバサダー調査事務所

行き別れた家族や恩人、金銭や物の貸し借りなど様々な理由で「会いたい人がいる」けれど所在が分からないことがあります。
このような時はアンバサダー調査事務所をご利用ください。

探偵調査業界では、人探しと所在調査は、ほぼ同じ意味で用いられています。
言葉は違いますが調査用語としては同じ意味で捉えられています。

所在調査や人探しとは、調査の対象者が「今どこにいるのか?」
「今何をしているのか?」などを目的としています。

所在調査のご依頼が多いのかは、警察庁が発表した行方不明者状況のデータからも明らかです。

例えば平成25年度で83,948人(うち男53,916人,女30,032人)もが行方不明者として届られているのです。
もちろん諸事情から警察へ届出が出せない行方不明者も多いでしょう。
調べることに専念しなければ見つかる可能性は低いのです。

・街で会って意気投合し、夜通し語り合ったが、
連絡先も聞かないまま別れてしまった。心残りで仕方ない・・・

・インターネットで知り合った人とどうしても逢いたくなった。

・気になる人の連絡先が知りたいが、どうすれば良いのか分からない。

・幼いころに両親が離婚しているが、父に会ってみたい。

・学生の頃の友人と連絡が取りたい。

・卒業アルバムを貸した先輩に返してもらいたい。

・遺産相続で所在確認が必要な親族がいる。

携帯の電話番号やメールアドレスを聞かなかったから・・・
聞いたことしか情報が無い・・・
などと諦めていませんか?
アクションを起こさうに諦めるのは勿体ないと言えるでしょう。
諦める前にアンバサダー調査事務所へご依頼ください。

所在調査の対象者を見つけるための手掛かりはありますか?
手がかりから探してみた経験があるご依頼者様もいます。
しかし、何年何十年と月日がたっている状態ではなかなか手がかりさえあてにならないことも多いことが現状です。
所在調査や行方調査などの人探しは、早期に調査依頼をされることをお勧めします。

所在割り出しに必要な手掛りは、情報元や真偽に関わらず、どのような情報でも構いません。
実在する人間は生活において様々なところに記録を残していくものです。

対象者の手掛かりが少ないからと所在の割り出しを諦める前にまずアンバサダー調査事務所へご連絡ください。
少ない手掛かりからでも、あらゆる方向性を探り近付きます。

警察による人探し(家出人)捜索の考え方

自分の周囲にいる人が家出したとしても、誰もが警察に届出ができる訳ではありません。
警察に家出人の捜索の届出でができる人は限られています。
保護者や配偶者(夫、妻)、親族、家出人の看護者のみです。

届出を受けた警察は、その家出に事件性があるか無いかを確認します。

1. 一般家出人

健常な成人が自分の意志で家出する場合には事件性が無いと判断されます。
家出の際にメッセージを残したり、家出の意志を伝えていた際も同じように扱われます。
また、家出の理由が以下のような、ケースでは警察は民事事件であると判断します。

例えば:浮気(不倫)、DV、喧嘩、うつ病、金銭トラブル、借金 など

2. 特異家出人

自らの意志ではなく家出・失踪した場合や、未成年など事件に巻き込まれたり生命の危険がある場合は、警察は事件性があると判断して捜索活動を行います。

ただし、事件の大きさや社会的な影響範囲などにより警察の捜索活動の規模は変わります。未成年者でも非行が原因だったり、成人でも認知症が原因の家出・失踪は多くの場合で捜索の優先順位は低くなる可能性が高くなります。

例えば:未成年者、認知症、交通事故、病気、遭難、拉致・監禁、誘拐 など

警察が行方不明者の人探し・所在調査に動かない場合には、自己資金で探すことになります。

所在調査の依頼ポイント

情報量が多く、新しい物であるほど調査の進行がスムーズな傾向があります。
また面談には、お時間をお取りください。たわいもない会話の中でご依頼者様から調査に有効なお話しが伺えることも多く、面談力は大変重要です。
調査を依頼する探偵社のスキルが重要なことはもちろんですが、面談力も非常に重要と言えるでしょう。
また、調査にかかる費用はある程度の余裕を持っておきましょう。

岡山の探偵 興信所 調査料金最安値

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市

サブコンテンツ

このページの先頭へ