失踪調査 失踪した人を捜したい/岡山

岡山で失踪調査依頼するなら岡山の探偵アンバサダー調査事務所

失踪について 岡山県の失踪調査のご依頼

人の行方が分からなくなった場合、一定の要件を満たしたときはその失踪した人を死亡したものとみなすという制度があります。
これを「失踪宣告」といいます。

失踪者の財産関係を放置しておくと,関係者や家族がいつまでも不安定な状態に立たされることになります。この状態を安定させるために取られるのが失踪宣告です。
失踪者を死亡したものとみなし、その財産関係等について法的な安定を確保しようという制度です。

生死が知りたい方からのご依頼も寄せられています。お問い合わせください。

アンバサダー調査事務所 086-226-1099

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

相続と失踪者の問題につてい失踪調査の必要性

この失踪宣告制度は相続との関係で問題となることがあります。
失踪宣告によって被相続人が死亡したものとみなされると相続を開始させることができます。

また、遺族に対する遺族年金等の公的な給付や生命保険金の発生などにも関係します。

失踪した理由と失踪調査の難易度

失踪の理由と失踪調査の難易度

ある日突然、行方をくらます失踪人は跡を絶ちません。
金銭トラブルや男女関係など、何らかの理由があって姿をくらますこともあります。
その失踪の理由によって調査の難易度が違ってきます。

仕事情のトラブル 失敗やストレスによる失踪

会社員が職場で大きな失敗をしたり、経営者が事業の失敗により借金返済ができなくなった時に家出や夜逃げすることがあります。
最悪な場合では自殺に至ることもあるため早期発見が望まれます。

仕事のストレスや不満から何の兆しも無く失踪するケースもあります。失踪者は自分について探してほしくないため居場所を転々と変えることもあります。
このような場合も跡を残さないことがほとんどです。よって、調査の難易度は高いでしょう。

異性関係(恋愛関係、夫婦関係)、不倫、浮気から始まる失踪

恋人や愛人と急に家を飛び出して行方をくらます場合です。
新たな環境で一緒に暮らすというケースです。
異性と共に失踪する場合は、計画的におこなわれるため足あとを残さないことほとんどです。

失踪先の有力な手がかりが無い調査は、難易度は非常に高いと言えます。

親子間のの不仲 学校の不登校 引きこもりによる失踪

親子の不仲や学校への不登校が原因で未成年が家出するパターンです。喧嘩をして家を飛び出すこともあります。
プチ家出のような近隣や友人の家を渡り歩くようなケースでは比較的早く見つかりますが、本格的に普段の行動範囲から飛び出すような場合は調査は難しくなります。

認知症による失踪  徘徊癖による失踪

認知症は社会問題にもなっているほど件数が増加しています。近年増えているのが徘徊によるものです。認知症の人が突然、家を出て戻らないケースです。
バスや電車などの公共交通を使って遠くまで移動することも少なくありません。事故に巻き込まれる危険もあります。
このような場合も、時間がたつほど調査は難しくなります。

アンバサダー調査事務所 086-226-1099

岡山の探偵 調査興信所はアンバサダー調査事務所

失踪調査の進め方 失踪者を見つけるコツ

失踪後は早期の調査着手が必要です。

失踪方法は、対象者がどのような生活を送っているかによって変わります。
「隠れて暮らしている」「普通に社会生活を送っている」によっても調査の難易度は違い、調査方法も変わります。

〈個人情報や交友関係情報〉
氏名・生年月日(現住所、本籍地)
顔写真・全体写真(最新のもので数パターン)
身体的特徴(身長、体系、髪型、ほくろ 他)
交友関係(異性関係、友人、職場、学校)

〈所持品の情報〉
家出時の交通手段(車、バイク など)
キャッシュカード、パスポート、保険証
洋服(着る服の好み)、バッグ
携帯電話番号、メールアドレス
指輪、時計

〈失踪先を特定するための情報〉
過去に住んだことがある場所
過去に行った旅行先
友人、知人が住んでいる場所
親・親族の本籍地

〈趣味・仕事の情報〉
趣味・よく行く場所
前職の仕事(過去に就いた仕事やアルバイト)

失踪者を探すのは簡単ではありません。
警察に捜索依頼をしても民事事件の場合は積極的に警察が探してくれることは見込めません。
特に失踪後から1週間以内であれば発見率は高いと言われていますが、
その後は時間の経過とともにどんどん難しくなる傾向があります。
失踪調査は早めの依頼をお勧めします。

アンバサダー調査事務所 086-226-1099

岡山県の地域密着老舗探偵社 興信所

失踪調査の注意点 気を付けること 大事な注意点!

また注意点としては、調査対象者が発見できたとしても、再会を拒んだり、元の場所に戻るのを拒否する場合もあります。
失踪者が成人に達している場合「受任の拒否」を警察におこなえば「家を出たのは自分の意思なので探さないでほしい」ということを主張できます。
このような場合は、ご依頼者様と対象者の関係がこじれていることが分かります。
調査の方法だけではなくご依頼者様と調査対象者の接触にも細心の注意が必要でしょう。

生死調査もご依頼ください。

アンバサダー調査事務所 086-226-1099

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市

サブコンテンツ

このページの先頭へ