生存確認 死亡確認/岡山県

「人の生死を知りたい」なら、生存確認調査、死亡確認調査です。
生きているのか、亡くなっているのかは大変重要です。
うやむやになっている気持ちにけりを付けたい
真実を知ってスッキリしたい方からもご依頼が寄せられます。
昔の恋人や恩師、生き別れになっている親や子どもの生死はいくつになっても気になるものです。
アンバサダー調査事務所では、ご予算に合わせた調査をご提案いたしますのでまずはお電話でお問い合わせください。

 

生存確認 死亡確認の必要性について

人の人生には限りがあります。
あなたにもありますし、生存確認したい対象者にももちろんあります。
人生のタイムリミットは、人によって大きく違います。

人の生死を確認しなければならない状況の多くは、遺産問題が起こる時ではないでしょうか?
人の死によって大きく財産の行き先が変わってくる遺産相続は、多くの問題が押し寄せる時期でもあります。
初めに知っておくことで自分にとって優位な遺産相続の手続きを始めたいと考えるのは自然なことでしょう。
あなたが考えなくとも、他の親族がこっそりと調査を行っているかもしれません。

急な登場人物に大きく計画が狂わされるケースもあります。
前もって調べておいてよかったというお声もあります。

 

永年ずっと気になっていた人の生死を確認する手段

「お世話になったあの人はどうしているのだろう」
「結婚前に好きだった人の生死が気になる」
「両親の離婚後一度もあっていない父親に会いたい」
「母が生きているのか知りたい」

生きていたら会ってみたいと思う人の生死を知りたいのであれば、調査の依頼は早い方が良いでしょう。
結果として「数年前に亡くなった」などというケースでは、たいへん心残りに感じている依頼者も多く私達としても大変残念に感じるものです。
全ての調査には費用がかかることもあり「調査の依頼」は、強い思いが無いとなかなか踏み出せないものです。背中を押してくれる人の存在も必要かもしれません。しかし、調査対象者との関係によっては誰にも話せずに一人で悩んでいる方もいます。昔の恋人や、けんか別れした家族など体裁を考えると誰にも相談できずに「本当の気持ち」を自分の心の中で押し殺している方もいます。
アンバサダー調査事務所では、ご依頼者様から頂いた情報や面談で伺った内容が外部に漏れることはありません。安心してお話しいただけます。

 

正存確認 死亡確認 調査依頼のポイント

正存確認調査や死亡確認調査も早期着手がポイントです。

ご依頼者様のお持ちの情報は、日を追うごとに古くなってしまうことや、調査対象者の転職や転居などの可能性が高くなることから調査費用を抑えるためには早い方がお勧めなのです。

また、例え亡くなっていたとしても対象者の生前の様子が知りたいと考えるのであれば環境変化も考慮しましょう。調査依頼は早いほうがよいでしょう。
日々状況が変わる今日、数年たてば初めて見るような光景に驚かされることも多いのです。
また、知りたい情報をお持ちの方も少なくなります。
高齢になっているであろう対象者の生存確認は、日を追うごとに難しくなる傾向がありますので、調査の成功率や費用の面でも早期着手をお勧めします。

 

息子の生存確認 70代女性
息子の会社が倒産した直後から連絡が途絶えました。息子の嫁に聞いても、嫁も分からないようです。もう何十年もたちますが、どうしても息子の生存が知りたいと思い依頼しました。辛い事実も分かりましたが、息子が生きていたことで生きる勇気が湧きました。

会社経営者が事業の失敗から消息を絶つケースは少なくありません。家族に迷惑をかけないようにという考えもあるのでしょう。
高齢になられたご両親からの依頼が寄せられます。

孫の生存確認
未婚の状態での妊娠がきっかけで両親ともめ、家出をした孫が気になり依頼しました。体が弱い子だという不安と、経済的に恵まれていないだろから親には内緒にして援助したいというのが目的でした。金に困って水商売に手を出していました。体も壊しているようで、もっと早くに依頼しておけばよかったと思います。

妊娠による体への負担や、病気の影響などへの心配からの調査依頼は、対象者にとっても良い結果につながることがあります。

友人 知人の生存確認
かなり昔になりますが、会社を立ち上げるきっかけをくれた恩人を連絡を取りたいと思っていました。親の介護か何かで岡山を離れたと思います。今どうしているのか、生きていたら会って礼を言いたいのです。亡くなっていましたが、奥様と話をする機会を作っていただきました。彼の墓前にも近々行こうと思っています。

人生を大きく変えるきっかけを与えてくれた人への思いはいつまでたっても消えることはありません。
心残りを解消することで、自分自身の価値を再発見することでしょう。

生みの親の生存確認
数年前にあるきっかけで自分が養子であることを知りました。産みの親を知りたいのです。両親も高齢で他界しています。もしかすると・・・という思いで依頼しました。祖父は他界していましたが、祖母は施設にいることが分かったので機会をみて会いに行きたいと思います。

「親」の形にもいろいろとありますが、ある程度の年齢になると早めにご依頼いただくことをおすすめしています。
生存調査はすぐに結果が出ないこともあり、もう少し早ければ会うことが出来たケースもあります。
高齢になっていると推測できる場合は、諦めずにご依頼下さい。

祖父母の生存確認
両親が離婚して母のもとで育ちました。母は私の妊娠をきっかけに両親と不仲になったそうです。今、私も妊娠中でおなかの中に命が生まれています。自分、そしてこの子のルーツを知るために祖父母の生存確認を依頼しました。

アンバサダー調査事務所では、生存確認のご依頼者様の要望を兼ね備えた調査を行っています。
探偵調査ででてくる情報は様々です。
知りたいことを知るための調査です。生死に関する調査の裏には、ご依頼者様の深い気持ちが込められています。

岡山の探偵興信所のお問い合わせ

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市

サブコンテンツ

このページの先頭へ