詐欺被害 詐欺の被害 解決相談 岡山県

詐欺被害の解決 詐欺被害のご相談はアンバサダー調査事務所へ

警察OB在籍のアンバサダー調査事務所には詐欺被害のご相談も寄せられます。詐欺と一言で表現しても内容は様々です。
宗教や男女の恋愛関係の詐欺被害からシニア高齢者をターゲットにした詐欺被害、投資系の詐欺まで幅広くご相談が寄せられます。
地面師による土地の詐欺などでは複数人がなりすましたり、劇場型で犯行を行い金品、土地など資産価値のあるものを奪ったり勝手に売却されたりする事件もありますが、このような明らかな詐欺被害ばかりではありません。ニュースにならない、確定的な証拠が得られない、立証が難しい詐欺がたくさんあります。
警察の介入が難しい状態、弁護士が引き受けないような案件も諦めずにアンバサダー調査事務所にお問い合わせください。

探偵が教える詐欺被害に遭わないポイント

詐欺被害に遭いやすい人とそうではない人がいます。まずは、自分がどちらのタイプか考えてみましょう。
【詐欺被害に遭いにくい人の特徴】

  • 人の言うことを聞かない。
  • 家族と生活している。
  • お金に関心がない。
  • 欲が少ない。
  • 自分自身をいい人だと思っていない。
  • 問題が起こっても自分で解決できる。
  • 調べる作業が苦にならない。
  • 控えめな性格。
  • 断る勇気がある。

上記のような方でも詐欺被害に遭うことはあります。しかし、プロの詐欺師でなければ大丈夫なのではないでしょうか。
詐欺師の中には非常に頭の切れる人物もいます。巷のオレオレ詐欺などには引っかかりにくいでしょう。

【詐欺被害に遭いやすい人の特徴】

  • 優柔不断で断れない。
  • 「いい人」だと思われたい。
  • 極端な不安症。
  • 恋愛体質。
  • おせっかいで世話焼き。
  • 人の話をよく聞く。
  • お金に弱い。
  • 将来が不安。
  • 単身。
  • 自分が騙されるとは思っていない。

保険にいくつも入っているような方は注意しましょう。
上記のようなタイプでも、すべての人が詐欺被害に遭うわけでもありません。
たまたま、詐欺師のターゲットから外れたり、詐欺師と出会う機会が無い人も多いのです。

では、詐欺師のターゲットになりやすい人について考えてみましょう。
詐欺師には大きくする分けて2パターンがあります。
対面型と非対面型です。

対面型の詐欺とは文字通り顔を合した状態から始まる詐欺です。これに対して非対面型詐欺は電話がかかってくるオレオレ詐欺などを思い浮かべてください。
対面型の詐欺は非対面型の詐欺よりもより巧妙なケースが多いです。
知人からの紹介や、仕事の関係で知り合った相手から詐欺師につながることもあります。あなたが信頼している人からの紹介ということでハードルが下がり信用しやすくなることも被害に遭うリスクをあげています。
地面師による土地の詐欺などでは複数人がなりすまして犯行を行い金品、土地など資産価値のあるものを奪ったり勝手に売却されたりする事件もありますが、このような明らかな詐欺被害ばかりではありません。ニュースにならない、確定的な証拠が得られない、立証が難しい詐欺がたくさんあるのです。

詐欺被害の多くは複雑な背景があり、一見単純に見得ていても話を聞いているとうちに疑問点が多々出てくることがあります。
詐欺被害のなかには被害金額が巨額に上ることがあります。
被害者の資産だけではなく、負債まで負わされていることもありました。
詐欺師は逆襲を恐れるので、被害者が余力を残さないように資金を摘んでしまうのです。どういうことかと申しますと、探偵・興信所、弁護士などを利用するには費用が掛かります。その資金を奪っておくことで知恵を買えないように資金をもぎ取っておくのです。当然ですが、これらを利用する場合は前払いが基本です。着手金プラス成功報酬の提示をされる場合もありますが、依頼に金がかからないことは間違いなくありません。よって依頼が出来なくなります。
警察も動かない、どこにも依頼が出来な変えればどうなるかというと、結果は泣き寝入りということになります。
これが最悪の事態です。
この最悪の事態に陥った時にあなたができることは、資金の調達しかなくなります。しかし、詐欺被害に大切な家族や知人を巻き込んでいるケースもあります。そうなった時、あなたに金を貸す人が誰もいないような事態は避けたいものですね。

このような詐欺被害者は多くなありません。少数と言ってもいいでしょう。このページを読んでいるあなたには余力があると思います。どうにか解決したい、なんとかしたいと知恵・ノウハウをお探しだと思います。
無料で検索できる情報ではおそらく何年たっても詐欺の被害は解決できません。
解決できない人の特徴として「都合のいいところ」だけを自分に当てはめ、矛盾がでてくる。もしくは詐欺被害ではないことをご自身で立証してしまう愚か者もいなくはないのです。
あなたはそうなってほしくはありません。
詐欺の解決は大変難しいケースがほとんどです。本気で解決をしようと決めたのであればアンバサダー調査事務所がお手伝いいたします。

結婚詐欺
お見合いで出会った30代のA君と交際していました。お見合いということもあり、結婚を見越してのお付き合いでした。結婚式場を一緒に回ったり、旅行の話もでるようになり、いよいよ結婚が近いんだなと思っていました。ところが、実家の母から連絡がきて「A君のお母さんは大丈夫なの?」と聞かれました。何のことか分かりませんでしたがどうやら母親の病気を理由に私の実家にお金を借りに行ったそうなのです。私に対しても借金をしていたのですが、合わせて350万円ほどになっていました。これは怪しいと思い問い詰めると連絡がつかなくなりました。

岡山市 20代女性・・・婚活のイベントで知り合った男性と交際していました。自宅を教えてくれないのでおかしいなと思っていましたが、まさか既婚者だったなんて。いまだに信じられません。母が調査を依頼してくれて本当に良かったです。

高梁市 60代男性・・・結婚相談所で出会った女性と再婚予定でした。息子が反対するので、素晴らしい女性であることを証明しようと思って依頼しました。しかし、結果はとても残念なものでした。調べてみないと分からない事ってあるのだなと、この年齢になって思った次第です。

香川県 30代女性・・・岡山県の男性とネットで知り合い交際を始めました。結婚を考えていたのでお金を貸していました。しかし、今年に入っていから連絡が少なくなり、連絡が取れなくなったので調査を依頼しました。見つけたのですが、仕事もしていないことが分かって、結婚は考えられなくなりました。

美人局(つつもたせ)
SNSで知り合った姫路市に住む女性と会うことになりました。2日目のデートでホテルに行くことになりました。その後です。知らない電話番号で電話がかかってきて出ると知らない男からでした。女性の夫だというのです。不貞行為の慰謝料請求をされました。初めに50万円請求され、怖かったのでので支払ってしまいました。その後、50万円、100万円の請求がきて、支払わないなら家族にばらすと言われました。これは終わらないと思い相談しました。

岡山市の男性・・・いわゆる美人局の被害です。まさか自分がツツノタセの遭うとは思って言いませんでした。嫁にバレる前に解決できてよかったです。

倉敷市の女性・・・不倫をしていた自分が悪いのですが、嫁と共謀しているとしか考えられませんでした。私を脅した不倫相手の嫁が憎いです。

土地の詐欺
土地を買わないかと友人の紹介で知り合った男に話を持ち掛けられました。税金対策に買っておいた方が良いというので、そろそろ相続について考える時期でしたし購入することにしました。しかし思っていた契約ではない内容で騙されました。息子夫婦にも迷惑をかけてしまいました。こんなことなら、買わなかったほうがマシだと悔やみ諦めようと思いましたが、私を騙したアイツが高級車に乗っているのをみて、憎しみがわき上げてきました。

赤磐市の男性・・・詐欺被害にあったのですが、証明することが出来ないので弁護士にも依頼を断れました。法律以外で何とかできる方法が無いかと思って相談しました。

瀬戸内市の女性・・・娘の結婚のためにと貯めていた預金を元夫に騙し取られました。娘の父親がそんなことをするとは理解に苦しみますが、現実に起こってしまい絶対に許せません。

売買契約をわざと明白にしないなど単純な被害もあります。思い込みでの契約は危険です。

詐欺被害の解決のポイント

早めの相談が一番のポイント

詐欺を疑った、疑惑を持った時点ですぐご相談ください。疑っていることに詐欺師が気付くと100%に近い確率で逃げます。行方をくらますでしょう。
いなくなった詐欺師を探すには費用が掛かりますし、また証拠の隠滅も図られます。
あなたが疑っていることを隠しておきましょう。
詐欺を疑った人物と接点のある者に話すなど間抜けな行動をとらないことも重要です。
注意:これは実際によくあり、情報が筒抜けになります。

詐欺にあった時にまず一番に相談するところは、警察です。まずは警察に相談してみてはいかがでしょう。
警察は、犯罪性が明らかな場合は動いてくれます。しかし、詐欺被害によって被った損害が補填されるとは限りません。刑事事件のみに警察は関与してくれます。
次に、弁護士相談を考えると思います。弁護士は警察よりは広い範囲で法律を基準に今までの判例など訴訟を念頭において対処方法を検討します。詐欺の要件に当てはまる証拠があれば訴訟に持ち込むのもあなたの考え方次第です。あなたの代理人として弁護士は働いてくれるでしょう。判決が下りて損害金を相手に請求できても回収できるとは限りません。
では、探偵・興信所に相談するケースはどうなのでしょう。アンバサダー調査事務所に寄せられる詐欺の問題は、警察や弁護士が断った案件や、弁護士が頼りないケースなどが多いです。残念ながら相手に手の内をはじめから見せる弁護士もいますので、弁護士の使い方をレクチャーしてほしい方もいます。警察や弁護士に行く以前に、どういった流れで解決していきたいのかよく考えましょう。結果的に法での裁きよりも原状回復を望んだほうがメリットが大きい場合あります。

騙されるな!詐欺被害:ニュース

アイドルになりすまし「メンバー意識不明」と詐取

・・・人気男性音楽グループのメンバーになりすまし約1600万円をだまし取った事件がありました。
自身が開設したファンサイトで知り合った30歳代女性に「メンバーと直接、連絡ができる」などと嘘のメールアドレスを伝え、メンバーになりすましていたようです。
メールで女性とやり取りし「メンバーの1人が意識不明の重体で、病院代が払えないと死ぬしかない」などと治療費を要求していました。
この事件はなんと12年にもわたるメールのやり取りで行われていたようです。

岡山の探偵 興信所 調査料金最安値

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市

アンバサダー調査事務所への電話はこちらへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ